桐たんすというもの

桐たんすは軽量である上に、桐たんすに衣類をしまっておくと虫食いなどの虫による被害をうけることがすくないということをご存知ですか?さらに、桐たんすは歪みや変形等が少なく狂いが少ないという材質が均一という特徴を持っているので長期間形を崩さないという利点があります。桐たんすは昔から日本人が大切にしてきた文化と伝統が宿ったひとつの形です。また、総桐たんすは修理や再生にも対応することができます。桐たんすの修理は、桐たんすにあまり馴染みがない人にとっては想像がつかないでしょう。若い人からすると修理という概念自体が希薄で新しいものを購入すればいいのにと思われるかもしれません。しかし、桐たんすには修理をする価値が有るのです。桐たんすは修理によりさらに味わい深い桐たんすへ進化をとげるといえるかもしれません。このような桐たんすの修理、桐たんすの良さについて見ていきましょう。

桐たんすの良さ

桐たんすは「母も使っていた」や「代々受け継がれている」などという形容詞がよく付く、非常に長持ちするたんすです。通常のたんすであれば、せいぜい一代使って終わりというようなものでしょう。しかし、桐がもつ良さを存分に引き出した桐たんすは、衣類を長期間保存するのにうってつけだといえます。なぜなら、桐たんすは軽量・防虫性が高い・防湿性が高く気密性が高い、さらに防火性が高いといったような特徴を持つためです。中でも総桐たんすと呼ばれる桐を全面に使って制作した桐たんすは桐たんすの中でも最高峰と言われています。その衣類に対する適合性もさることながら、価格の面でも一級品です。非常に高級な桐たんすですので、一般の家庭で目にすることはあまりないようです。

桐たんすの修理

桐は衣類や物を収納するのに非常に優れた素材であるため、桐たんすは不具合が出たり古くなったらそれを修理し再生させ、長く大事に扱うことができる家具です。桐たんすの修理は表面をきれいに仕上げ直すということばかりではなく、修理により桐たんす自体を再生させる事が可能です。桐たんすをより使いやすいように生まれ変わらせるという修理をすることができるのです。修理といっても通常の壊れたものを直すというレベルの修理ではなく、このように桐たんすを再生させる修理は桐たんすならではと言えます。桐たんすの修理は専門の職人が行いますので、桐たんすの修理をお考え方はまずはしっかりとした腕のある修理業者や修理の職人を探すことが大事です。