桐箪笥のお手入れ

桐箪笥を洗いに出して戻ってきたけれど、その後より長く綺麗に使い続けるためには何が必要でしょうか。桐箪笥自体の使用上の注意に関しては先ほど見ましたが、ここでは洗いに出した後の桐箪笥のお手入れ方法について見ていきましょう。お手入れ方法は特に難しいものではありませんので、せっかく綺麗にした桐箪笥をより長く美しく使用するために是非参考になさってください。

桐箪笥の手入れ方法

洗いから戻ってきた桐箪笥は設置場所に気をつけましょう。じめじめとした湿気が多いお部屋ではなく、風通しが良いお部屋においておくとカビなどが生えにくくなります。せっかく洗いをしたのですから桐箪笥は綺麗に保ちたいですよね。洗い後の桐箪笥はまた、水拭きは厳禁です。化学雑巾なども使わないでください。洗い後の桐箪笥を綺麗に拭きたいと思った時は、木の木目にそって右から左へ一定の方向に向かって軽く乾拭きをする程度にしておいてください。そして洗いをしたばかりでも、桐箪笥に傷などができてしまった場合には、専門の職人に依頼しましょう。金具部分は壊れやすい部分でもあるので、リフォームをした際には扱いに注意が必要です。

唐木家具

唐木家具というものを聞いたことがありますか?唐木家具は文字通り唐木で作られた家具のことですが、桐箪笥の洗いと同じように修理することが可能です。また、桐箪笥の洗い後の扱い方や手入の仕方も共通する部分が多いおおいので、自宅で唐木家具を使用していらっしゃる方は洗い後の桐箪笥の使用方法、洗い後の桐箪笥のお手入方法を参考にしてみてください。もし気になるキズや汚れを発見した時には、桐箪笥の洗いと同じように修理を依頼しましょう。