桐タンスの修理後

桐タンスの修理・製造は職人の工房で行われます。工房で丁寧に作られ、修復された桐タンスは新しく生まれ変わり大切な衣類を再度収納できるようになります。この桐タンスの修理を終えた後どのように使ことが大事なのか。せっかくの桐タンスの修理をよりよく活かすよう見ていきたいと思います。

桐タンスの置場所

修理を終えたピカピカの桐タンスは、まず設置場所から再度考えましょう。桐たんすの設置場所で適しているのは風通しの良い平行な場所です。修理した桐タンスが再度カビ等に蝕まれないよう、湿気の多いところは避けてください。そして、エアコンの風が直接当たらないところに置きましょう。修理を終えた桐タンスがより長持ちするためにはまた、西日などが直接当たらないように気をつけることも大切です。せっかくの桐タンスの修理を無駄にしないようさらに気をつけたいことがあります。

桐タンスのお手入れ方法

桐は素材が柔らかにので、修理後の桐タンスをより大切に長く使用するためには、硬いものをぶつけたりしないことが大切です。引っかき傷などにも弱いので注意が必要です。そして修理後の桐タンスは、使用する際に金具部分だけに触れて使用しましょう。修理した桐タンスは綺麗な状態いなので、手垢やヨゴレは非常に目立ちます。濡れた手も厳禁です。また、修理した桐タンスにテープを貼ったりする行為は絶対にやめましょう。桐タンスの修理にはそれなりの費用がかかるので、修理後も大切に扱いたいですね。