桐箪笥の再生方法

桐箪笥の再生には、「洗い」や「洗い替え」と呼ばれる作業があります。聞いたことのある方もいらっしゃるでしょうが、年月が経つにつれ、桐箪笥は汚れが付着し真っ黒になってしまいます。変色してしまったり傷んだ桐箪笥を「洗い」により再生させるのです。「洗い」は文字通り熱湯をかけて洗い汚れを落として、カンナがけなどをして傷を直します。

桐箪笥の洗いとは

家具として桐箪笥はとても使い勝手がよく日本の気候にも非常に適している家具と言えますが、年月が経つとどうしても古びてしまいます。桐箪笥の洗いとは、そういった物を除去・補修し再生させるための方法です。桐箪笥は洗いにより、より使いやすく生まれ変わります。桐箪笥の洗いでよくある事例を見てみましょう。

洗いの職人探し

桐箪笥でよくある洗いの依頼内容は「桐箪笥にカビが発生したから綺麗にしてほしい」などの依頼です。やはり、日本の気候ではカビなどによる傷みや劣化は避けて通れません。こういった劣化を放置しておくとせっかくの衣類にまで影響を及ぼしてしまうので、気づいたら早めに職人や専門の業者に依頼しましょう。桐箪笥の洗いは職人の腕にかかっています。どう桐箪笥が生まれ変わるか、洗いの実績をホームページや写真で見せてもらうことも桐箪笥の良い洗い職人を見つけるのに有効かもしれませんね。また、桐箪笥の洗いを専門に行なっている業者を検索してクチコミなどを参考にするのもおすすめです。